ハロプロキッズはみんな仲良し!主に新旧書き起こしレポをベリーズ国訪問まで不定期に22時に自動公開中!

キャプテン清水佐紀の500円玉貯金

500円玉貯金は10年近く語られてきた、今やキャプテン研究では欠かせない必須エピソード。ここでは分散していた内容を再編してまとめています。

いつから?2005年夏ごろ
お釣りやおばあちゃんからもらって
始めた理由?徳永千奈美がやっていたので
なお千奈美自身は幾度も飽きて休止しながらも、2012年に突如またやる気になり6万円、2013年に貯金箱満タンの10万円を達成。また梨沙子も行っており2008年の時点で10万円ぐらいはあるとのこと
何に使う?
当初はお母さんにプレゼント、ワンちゃんを飼う
犬は2007年に矢島舞美よりトイプードル「くるみ」を譲り受けたため消滅。以降は各番組での話題に応じた答え(家具や家、服など)だが、基本「何のために集めてるんだろう?と考えている」とのこと。
いくら貯まった?
6万円(2006年秋)、20万円以上(2009年夏)
年間5~6万円のペースだとすると2014年時点で50万円超か
どんな貯金箱?透明な円筒形ケース
その他専用の手帳に製造年別に枚数を数字で記録
キャプテンといえば正の字カウントが有名ですが、500円玉貯金では追加の度に小計を数字でアップデートするという不思議な方法(詳細は後述)

ハロコンMCでは、よくキャプテンの話題が出る
2013年はリーダドラフト会議にて
[2014年]
道重>(ダンスの)他にも何か(すごいこと)ありますか?あっ同じBerryz工房の千奈美ちゃん(どうぞ)
徳永>はい!あのう(キャプテンは)ダンスはもちろんすごいんですけど、ほかん(他の)ところも、もろもろすごくて。キャプテンは数年前から500円玉貯金をしているんですよ。けっこう貯まっているらしくて。その製造年、作られた年を一個一個メモ帳にメモして(笑)
道重>ええ!?なんで?
徳永>昭和何年のが今何個貯まってますとか、一個一個細かく(笑)

道重>えっそれ楽しいの?えっ?それは何のために?
清水>もしその500円玉貯金を使うときがきたら、古いのから使いたいんですよ※
道重>逆かとおもいましたね。古いのは取って置きたいのかと・・・
清水>あの汚いじゃないですか古いのって(笑)で、古いのから使えるようにメモっています
道重>几帳面なんですね。全てにおいて真面目なのかなぁ?1グループに一人、清水ちゃんがほしいぐらいですね。
※ちなみに貯金をはじめた後に制定された、嗣永憲法第500条では「500円玉は、新しいほうを使って古いほうはとっておく」となっている。

[2011年]
山本浩司(タイムマシーン3号)>けっこうなペースで入れている(貯金)しているんですか?
清水>けっこうなペースで今も。ウン十万貯まっているとおもう(笑)
関太(タイムマシーン3号)>あらららま、あっそう!?
清水>わたし意外と几帳面で、何年に造られたのが何枚って全部手帳に書いているんですよ。
山本>えっ
関>すごい
清水>入れるときに書くんですよ
山本>ええ~?
関>およそ若い女の子の趣味とはおもえないような。しぶいですね・・・



[2009年]
(本人撮影)
清水>(わたしが)はまっているものを見ていただけますか(と貯金箱ケースの写真をみせる)。
桂由美>はい・・・あ、お金が入っているんですか?これ何個ぐらい入るんです?
清水>けっこう入るんですよ。これ500円玉貯金なんですけど。2年ぐらいたぶん続いているんですけど。けっこう(写真でみると)少ないじゃないですか。けどけっこう入ってて。どのぐらい入るのかわからないんですけど。

桂>それ全然使わないで入れてるんですか?
清水>ええ、ずっとほとんど貯めっぱなしで。自分変なところで几帳面というか、なんですけど、その500円玉を何年につくられたものかを500円玉手帳みたいなものに書いてて、
桂>造られた・・・!?その500円の?書いてるの(笑)
清水>ほんとくだらないんですけど、他の人は多分やらないことをやってるんですけど。

500円玉貯金記録手帳
上段に製造年、下段に記入時の小計
例えば3月13日には平成15、16年の各1枚を追加
ときどき追加がない年号も書き出し、
棚卸しているのがキャプテンらしい
桂>これが個数?平成12年のものが38個あると・・・
清水>はい(変におもわれただろうか?)・・・
桂>あ~でも何かを続けていくって、いい趣味よ
清水>ほんとですか!
桂>うんうん

[2006年]
西野亮廣(キングコング)>500円玉集めをしている?清水ちゃん?
清水>最初は千奈美ちゃんに500円玉貯金をしていると聞いて始めたんですよ
西野>今、どのぐらい貯まった?
清水>6万円ぐらい
西野>わっすごい。いつから貯めたん?
清水>えっ?えっと・・・
徳永>(小声で)1年前ぐらい
清水>1年ちょっと前ぐらい
青木>それ貯めてどうするの?
清水>なんかお母さんにプレゼントしたいなって
西野>わっ(すごい)

(貯金を開始した頃)